PRINTCITY SystemK Corporation
PRINTCITY. JP , Last Update 5 Nov. 2003
ホーム
製品情報
概要
製品構成
動作環境
利用方法
FAQ
帳票デモ
評価版ダウンロード
販売
価格・購入
帳票作成サービス
購入申込
お問い合わせ
会社概要
PrintCity会員専用サイト

製品構成
 
PrintCityは、PrintCityエディタとPrintCityAPIの2つの製品から構成されています。エディタでは、帳票のデザイン・スキーマ(データソース)の設定などを行い、APIは、アプリケーションへ帳票出力機能を提供します。APIは、Javaの他、ActiveServerPagesやVisualBasicなどの言語にも対応しており、出力データはPDF、CSV、プリンタへの印刷(印刷ダイアログ、プレビュー等のGUIコンポーネント)などが可能になっております。
 
システム構成例1(Webアプリケーション)

システム構成例2(Swingアプリケーション)


PrintCityエディター - GUIエディタで簡単帳票設計

■帳票デザインを簡単支援
美しく整然とした帳票を作成する為には、帳票設計に細かい作業を必要とします。PrintCityエディタでは、設計者の作業の軽減と見栄えのする帳票を作成する為の支援機能を多数サポートしております。

主なデザイン支援機能

・直線が最寄の枠線に自動的に吸着する接点モード。
・複数アイテムの整列(上下左右)・幅そろえ(縦・横)。
・編集アイテムの選択。
・プロパティ変更時の操作ミスによるアイテムのずれを防止するアイテムの固定。
・Undo、Redo機能。
・グリッド上へのアイテムの配置。
・ルーラー・グリッドの設定、表示の拡大・縮小等のキャンバスの設定。

■データベース連携のサポート
システムの帳票出力には欠かせないデータベース連携ですが、PrintCityではJDBCが利用可能な全てのRDBに対応しております。エディタでは、JDBCの設定・クエリーの発行・条件値の設定、データベースと帳票のマッピングの定義などを一括して行うことができます。

■作成した帳票をその場で出力・確認
プレビューダイアログ、PDF・CSV出力機能、帳票印刷機能などをエディタに予め用意していますので、作成した帳票のイメージをその場で確認・修正をおこなうことができます。
※PDF出力は、別途AcrobatReaderをインストールしていただく必要があります。

■各部説明 各アイコンをクリックすると詳細を表示します。

■接点モード ■マルチページ ■PDF ■プレビュー ■サブレポート ■バーコード ■クエリービルダー ■日付 ■ページ ■フィールド ■基本図形 ■テーブル ■イメージ ■マルチ選択


PrintCityAPI - アプリケーションに帳票出力機能を提供

■アプリケーションへ簡単組込・実行
帳票出力の設定はエディタで大体行いますので、APIで必要なのは幾つかの簡単の命令を実行することだけです。エディタで行った設定を変更したい時などは、各種メソッド(機能)を用意しておりますので、変更にも柔軟に対応することができます。 (コーディング例)

APIのメソッドで変更可能な主な設定

・スキーマデータ(DB以外のデータソースを利用可能)
・JDBCの設定
・DBのクエリー・条件値の変更
・画像ファイルのパス
・帳票の出力位置(細かいずれの修正が可能)
・PDFのパスワード

■APIで出力可能なデータ形式

帳票の出力形式は以下のものをサポートしております。

・PDF
Webアプリケーションで帳票印刷したい時に使用します。ストリーム形式で作成しますのでサーバーにファイルを作成することはありません。またパスワードによる保護機能も用意されております。
・CSV出力
 スキーマデータの値をCSV形式で出力することができます。文字コードの設定・ヘッダの表示切替などが可能です。
・GUIコンポーネント
 Swingアプリケーションで帳票出力する時にプレビュー画面や印刷ダイアログなどのGUIコンポーネントを利用することができます。PDF出力のようにAcrobatReaderを別途インストールする必要なく、印刷が可能になります。

■様々な帳票形式をサポート
伝票や申請書などの決まりきったデザインの帳票だけでなく、ヘッダ・詳細・フッタ形式の可変帳票や異なったデザインのマルチページ帳票など様々な帳票を作成することができます。データの出力に関しても、グループ設定・ブレークキー・値に応じた出力制御など細かい設定を行うことができます。

応用例

・請求書、見積書、申請書。
・タックシール、カード形式。
・各種管理帳票。

■実行結果をトレースするログ機能
実行環境で想定した帳票が正しく出力されない場面があります。それは、データの不備・設定の誤りなど様々な原因が考えられますが、それらの原因を追求する為のログ機能を用意しております。ログには、実行したメソッド・時間・不具合の原因などが記述されておりますので、開発時のデバッグを効率化してくれます。

ページ先頭に戻る >>



プライバシーポリシー

Copyright 2002 株式会社システム・ケイ. All rights reserved.